iPhone修理

iPhoneの修理が不可能なケースとは?

白いiPhone

iPhoneは現代に欠かせないアイテムのひとつです。しかし、消耗品であるが故に、使っている間に一度や二度の故障が起こることもあります。その場合は、正規店や非正規の修理店に出して修理をしてもらうと思いますが、故障の内容によっては修理が不可能な場合も出てきます。
ここでは、iPhone修理で不可能なケースについてご紹介していけたらと思います。iPhone修理では、部品の交換を行わなければ修理できない場合があります。例えば、基盤のある部分に故障がある場合、その部分を直したとしても、また同じ故障が発生しやすいようです。修理しても修理してもすぐに故障が発生するのを防ぐため、基盤自体を部品交換するしかないのです。また、iPhoneのフレームやボタンの欠損が激しい場合も同様です。このように、交換でしか修理できないことがあります。
はじめにiPhoneは消耗品だと言いましたが、iPhoneの耐用年数は2~3年となっています。もし、今使っているiPhoneが耐用年数を超えている場合は、修理ではなく全交換するほうが長い期間にわたって使えます。耐用年数を超えたiPhoneを修理に出したところで、故障して修理に出すというサイクルが徐々に速まってくるので、結果的に余計にお金をかける事になってしまいます。自分のiPhoneを修理に出そうとしている人は、一旦確認してからにしましょう。

インフォメーション

ひび割れしたiPhone

液晶破損はiPhone修理でも特に高い

iPhoneの修理で最も費用が大きくなるのが液晶の破損だと言います。これはノートパソコンなどでも同様で、買い替えた…

もっと読む
白いiPhone

iPhoneの修理が不可能なケースとは?

iPhoneは現代に欠かせないアイテムのひとつです。しかし、消耗品であるが故に、使っている間に一度や二度の故障が起…

もっと読む
2台のiPhone

iPhoneで修理が必要な場合

現代人にとって、携帯電話は欠かせない必需品です。中でも、iPhoneを使っているという人も少なからずいるでしょう。…

もっと読む
赤いiPhone

iPhoneを修理する前準備について

所持しているiPhoneに不具合や故障が出たら修理が必要です。特に支障がないから大丈夫と思っていても、使っている間…

もっと読む
TOP